「あらすじ」の記事一覧

「六龍が飛ぶ」第50(最終)話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第50話のあらすじ。ついに最終回です。プニの機転で暗殺の危機を逃れたバンウォンでしたが、プニは姿を消してしまいます。ムヒュルに渡された手紙には「…民の夢を忘れないで欲しい」と書かれていました。そして、時は移りバンウォンは王として即位するのですが…

「六龍が飛ぶ」第49話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第49話のあらすじ。今回は、ムミョンの息の根を止める意志を明らかにするバンウォンたちのシーンから始まります。バンウォンもまた同じ考えを持っており、組織の3つの基盤を討つべきだと持論を展開しました。一方でイ・バンガンたちは、功臣冊封でバンウォン側の人間だけが一等扱いになっていることへの不満を露わにします。

「六龍が飛ぶ」第48話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第48話のあらすじ。バンウォンは、バンソクを手にかけ、殺害するに至りました。それと同時に、内に秘めていた狂気が解放され、バンウォンの様子は一変します。バンウォンは、世子であるバンソクを殺害し、更には叔父のジランを脅迫し父であるソンゲの前に弟の首を持ち出して挑発します。

「六龍が飛ぶ」第47話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第47話のあらすじ。バンウォンたちからよろしくと伝えられたチョンニョンは、パンジの対策のため移動を始めます。ソンゲのことはありますが、ドジョンは吉日を順延できないことを考慮し先に出発することを決めます。

「六龍が飛ぶ」第46話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第46話のあらすじ。バンウォンは、プニによって、ヨンギュが死亡した事を伝えられます。そしてバンウォンは、ドジョンと世子を殺害する決心をします。さらにバンウォンは、ヨンギュの葬式で集まった人達に殺害の計画について話してしまいます。

「六龍が飛ぶ」第45話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第45話のあらすじ。ソンゲとドジョンは事を実行すべく、バンジとヨニを連れて漢陽に戻ろうとします。ドジョンがヨニたちに夢の話をし、戦争に思いを馳せている頃、バンウォンは動揺していました。そんななかバンウォンがドジョンに補薬を渡し、硯を求めに何処かに行ってしまいます。彼は硯を持参してバクソンのもとを訪れ・・・。

「六龍が飛ぶ」第44話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第44話のあらすじ。明への召喚がバンウォンが言っていた毒手ではないかと疑うドジョン。明のやり方に怒るソンゲを置き去りにドジョンはヨニと対話し、今回の召喚はバンウォンと明とムミョンによるものだから行ってはいけないと忠告します。一方バンウォンはドジョンがある可能性に気付き、確認するためにプニの村へ向かいました。

「六龍が飛ぶ」第43話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第43話のあらすじ。ムヒュルと再会を果たしたバンウォンはチェチェの武運を祈る別れを背に、ムヒュルを連れて高麗の首都となった漢陽へむかいます。ドジョンの改革によって逮捕者も出てくるなか、バンウォンが帰還しました。一方村で祝福されていたムヒュルでしたが、翌日、国基を揺るがした罪で捕まってしまうのでした。

「六龍が飛ぶ」第42話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第42話のあらすじ。王とは知らず、チェチェの胸倉をつかんだバンウォン。当然、護衛部隊が動いてバンウォンに剣をつきつけます。それを見ていたムヒュルは怒り、・・・。一方、高麗側にも動きはありドジョンは改革をすすめ、ソンゲはワン・ヨの処刑を決断。プニもまた与えられた村で平穏に暮らしていました。

「六龍が飛ぶ」第41話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第41話のあらすじ。バンウォンはチョヨンと会うために、巡軍府へ行く許しをソンゲに乞うのでした。その頃、プニとムヒュルはヨニと話していました。プニの組織が与えられた村に行くからです。一方シンジョクとチョヨンは互いの提案を飲んでいましたが、チョヨンはシンジョクの思惑に気付きません。実はシンジョクは・・・。

サブコンテンツ

このページの先頭へ