[スポンサーリンク]

※最終話(50話)までのあらすじ一覧を更新しました。

六龍が飛ぶ は、2015年SBS演技大賞 12冠に輝いた注目ドラマ。
ユ・アインシン・セギョン主演、高麗王朝末期を舞台に民を救う為、新国家・朝鮮を建国しようと立上る6人の英雄(六龍)の物語。
朝鮮王朝建国のドラマでお馴染みの太祖・李成桂(イ・ソンゲ)、鄭道伝(チョン・ドジョン)、第三代、太宗となる李芳遠(イ・バンウォン)達が登場します。
主なキャストとして、最優秀演技賞ユ・アイン(「トキメキ☆成均館スキャンダル」、「チャン・オクチョン」)、優秀演技賞ピョン・ヨハン(「未生(ミセン)」)、シン・セギョン(「根の深い木」)、ベストカップル賞ユ・アイン&シン・セギョン、10大スター賞ユ・アイン、シン・セギョン、新人賞コン・スンユン、ビョン・ヨハンなどが熱演。(『六龍が飛ぶ』の相関図、キャストと登場人物

『六龍が飛ぶ』1~10話 あらすじ一覧
01話 02話 03話 04話 05話
06話 07話 08話 09話 10話
『六龍が飛ぶ』11~20話 あらすじ一覧
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
[スポンサーリンク]

『六龍が飛ぶ』21~30話 あらすじ一覧
21話 22話 23話 24話 25話
26話 27話 28話 29話 30話
『六龍が飛ぶ』31~40話 あらすじ一覧
31話 32話 33話 34話 35話
36話 37話 38話 39話 40話
『六龍が飛ぶ』41~50話 あらすじ一覧
41話 42話 43話 44話 45話
46話 47話 48話 49話 50話

「六龍が飛ぶ」第40話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第40話のあらすじ。思わぬところで出会ったドジョンとユクサン。二人は疑心暗鬼になりながらも、表面上は友好的に接して別れます。そしてユクサンは首長との密約を知り、ドジョンが客主の面々を捕まえろと命じます。そのとき密約の証をソンゲに渡すようにピウォルに渡すのでした。

「六龍が飛ぶ」第39話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第39話のあらすじ。ドジョンはバンソクが嫡子とするソンゲの考えを条件付きで飲み込みます。その頃、ヨニャンと話していたイ・バンウォンはムミョンと手を組むことを決意。その帰り道、従えていたムヒュルとヨンギュはつけていたヨニの女忍を捕らえます。

「六龍が飛ぶ」第38話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第38話のあらすじ。弓隊に火矢を指示するバンウォン。彼がムヒュルに出てきた者は捕まえて閉じ込めておくようにと命じていた頃、ドジョンはバンウを訪ねていました。そこにソンゲもあらわれて嫡子になるように説得しますが、聞き入れてもらえませんでした。

「六龍が飛ぶ」第37話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第37話のあらすじ。バンウォンとドジョンが話している頃、ムヒュルはサグァンにモンジュが死んだことを話していました。それを聞いていたサグァンはモンジュの復讐はする気がないことを伝えると剣をおさめ、気絶してしまいます。そのモンジュはドジョンの手によって首をさらされ、逆賊だと仲間に宣言されていました。

「六龍が飛ぶ」第36話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第36話のあらすじ。サグァンとモンジュが話している頃、事態を終わらせようとバンウォンは剣士たちを率いて邸宅を出て行きます。置いてけぼりになったムヒュルはプニに問いかけ、行き先を察するとあわてて飛び出します。そこにサグァンがいると感じたからです。実際に現場に到着したムヒュルの目に入ってきたのはサグァンに対して何とか拮抗をしているバンジの姿でした。

「六龍が飛ぶ」第35話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第35話のあらすじ。ドジョンのもとを訪れたバンジがモンジュがしたことを告げ、開京へ押送するために来た兵たちと対面している頃、ハクチュらによるソンゲの捜索は続けられていました。薄々と刺客の正体に気付くムヒュル。追手を始末し、ソンゲを荷車で運ぶバンウォン。しかし一行の奮闘とかけ離れた場所にいるコンヤンワンはモンジュにドジョンらの処刑を許すのでした。

「六龍が飛ぶ」第34話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第34話のあらすじ。ヨニに母親と会ったことを告白するプニは、あらわれたバンジにも伝言を伝えます。しかしそこにムヒュルが飛び込んできて、ドジョンが捕まったことを一同に告げるのでした。ムミョン側でもこのことが議論されるなか、モンジュはソンゲとコンヤンワンの合意に異論を唱えてドジョンの流刑を上申します。

「六龍が飛ぶ」第33話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第33話のあらすじ。ムヒュルとバンウォンは親しげに会話しながら長平門の帰り道を歩んでいました。そのときムヒュルはバンウォンの変化に触れますが、バンウォンは心の中で呟くのみ。一方、縄で縛られたドジョンのもとにヨニがあらわれ、イ・シンジョクのことを伝えます。ドジョンはヨニにソンゲへの伝言を託すのでした。

「六龍が飛ぶ」第32話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第32話のあらすじ。雪道でプニに「遊びは終わった」と告げるバンウォン。バンウォンの事情を知らないプニでしたが、弱気になっているバンウォンを励ますために口づけをするのでした。その後、洞窟に立ち寄って家路を歩むバンウォンはヨニャンに呼びとめられてムミョンに会いに行くことになります。

「六龍が飛ぶ」第31話のあらすじと感想

六龍が飛ぶの第31話のあらすじ。バンウォンはひょんなことからドジョンが夢見る国づくりに自分の居場所がないことを知ってしまいます。このときのバンウォンのなんともいえない悲しみ表情がとても印象的でした。ドジョンは新たな国のリーダーにはモンジュがふさわしいと考えていたのでした。ドジョンの胸に秘めた決意と綿密な算段にバンウォンは畏怖の念すら抱いています。



RSS Feed Widget
サブコンテンツ

このページの先頭へ