スベクヒャン 第100話

第100話

第100話のあらすじ

ソルランは誰よりも強く祈っていました。
先鋒を申し出たミョンノンが無事に帰ってくることを...。
最初は自分も戦に出ると言っていたソルランでしたが、そんなことをしたら、ミョンノンは戦に集中できないだろうとたしなめるトリム。

ソルランの心配をよそに、ミョンノンは味方の強力もあり、敵の追撃に成功します。
しかし、そんなミョンノンが襲撃されて行方不明になると言う知らせが入るのでした。
この背景には、ソルヒたちの裏工作があったからです。

続きを読む