スベクヒャン 第102話

第102話

第102話のあらすじ

ソルヒから命に関わる傷を負わされたチンムでしたが、武寧(ムリョン)王の献身的な看病の甲斐もあり、回復を見せていました。

その一方、ミョンノンは自分が武寧(ムリョン)王の息子ではないことを知ります。
そして、チンムとすりかえられていて、自分は第24代王である東城(トンソン)王の息子であることも...。

その事実を知ったミョンノンは酒を飲み、武寧(ムリョン)王の前で大暴れをします。
そして、ソルランのベッドに入り、一夜を過ごすのです。

続きを読む