スベクヒャン 第05話

第05話

第5話のあらすじ

ユンは加林(カリム)城を陥落させようと攻め上げていきます。

ユンは、諜報団のピムンを戦場へ送り、城主ペク・カの重要な側近たちを暗殺しました。
ユンはもどかしい気持ちを我慢しながら戦に望みます。
いくら王を暗殺したからとはいえ、自分の恋人でもあるチェファの父親を自ら殺すことにためらいがあったからです。
東城王を暗殺したペク・カは許せない、しかし、自分の手であやめる事はしたくないという気持ちの中で揺れていました。



[スポンサードリンク]


目次

引用:「ユンは諜報団のピムンを使って、ペク・カの側近たちを暗殺する。 チェファは密かにユンと面会して父の命乞いをするが、ユンの頑なな態度に、子を身ごもったことも伝えられないまま、物別れに終わってしまう。 進退窮まったペク・カは潔く自害の道を選び、加林(カリム)城は陥落する。」 via KNTV 帝王の娘公式サイト

第05話のあらすじ(続き)・・・

その一方で、チェファはユンに対し、父親を助けて欲しいと懇願します。
しかし、ユンは「父親の命を助けることができるのは父親自身だ」と告げるのです。
そして、「王の暗殺が事実ならば、父親を助ける道はない」とあしらわれてしまいます。
何とかして命だけは助けたいと思うチェファ...。

ユンの鋭い視線にはむかうこともできず、結局何もできないまま、そしてユンの子供を授かったことを言えずにその場を後にすることになるのです。

そして、ついに行き場を失ってしまったペク・カは自害をすることになります。

チェファはその場を目の当たりにし、泣き叫びましたが、その後ペク・カが目を覚ますことはありませんでした。
城主が亡くなったことで、ついに加林(カリム)城は陥落してしまったのです。


(photo by: imbc.com

第5話の感想

ゆれ動くユンの複雑な気持ちが良く分かります。

しかもどんな父親だとしても、命だけは助けてほしいというチェファの気持も理解できました。

お腹に子供がいるのに、その事も伝える事のできないチェファが不憫でなりません。


[スポンサーリンク]

帝王の娘スベクヒャン公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『スベクヒャン』
スベクヒャン」は、百済(ペクチェ)の復興を目指す武寧(ムリョン)王とその隠し子、スベクヒャンをめぐり、人間関係が複雑に絡み合う愛と勇気、やさしさと憎しみが入り混じる長編時代劇。

公式サイト

[PR] ★DVD/海外TVドラマ/帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button