スベクヒャン 第11話

第11話

第11話のあらすじ

武寧(ムリョン)王の即位後、王妃として迎え入れられたソネ。
すぐに病死してしまいます。

そんな武寧(ムリョン)王に、新しい王妃を迎えようという話が持ち上がりました。
新しい王妃として迎え入れられたのは、ヘ・ネスクの娘のウネでした。



[スポンサードリンク]

ニュース!


目次

引用:「武寧(ムリョン)王が王位に就いてから迎えたソネ王妃は病死し、ヘ・ネスクの娘が新たにウネ王妃となっていた。 そんな中、高句麗の密偵を暴いたミョンノンの功績を称える宴席で、武寧(ムリョン)王はミョンノンに対し、名君である東城(トンソン)王に学べと言う。」 via KNTV 帝王の娘公式サイト

第11話のあらすじ(続き)・・・

そんな中、高句麗(コグリョ)の世継ぎを見つけ出したミョンノンは厳しく問い詰めます。
逃げ出した世継ぎでしたが、あっという間にミョンノンの部下に取り囲まれてしまうのでした。

ミョンノンのおかげで、百済(ペクチェ)高句麗(クゴリョ)の密偵をやり過ごした功績を祝う席で、武寧(ムリョン)王はミョンノンを称えます。
そして、名君の前代王、東城(トンソン)王に学ぶよう激励しますが、それが面白くなかった東城(トンソン)王の息子、チンム

一方、チンム武寧(ムリョン)王に呼び出され、叱咤されます。
仕事もロクにできず、遊んでばかりいたためです。
王の怒りを買いますが、その後のミョンノンのお願いにより、チンムは許されます。

武寧(ムリョン)王からなんとか許しを得たチンムは、ミョンノンが間に入ってくれたことを知り、お礼を言いに行くのでした。


(photo by: imbc.com

第11話の感想

ソネの死はあまりにも早すぎ、そして新しい王妃ウネ、彼女のこの先が気になります。

そして何をやらせても完璧にこなすミョンノンの姿を見ると、どうしてもチンムが哀れに見えます。

しかも武寧(ムリョン)王から灰皿を投げ付けられ、流血するシーンは心が痛みました。


[スポンサーリンク]

帝王の娘スベクヒャン公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『スベクヒャン』
スベクヒャン」は、百済(ペクチェ)の復興を目指す武寧(ムリョン)王とその隠し子、スベクヒャンをめぐり、人間関係が複雑に絡み合う愛と勇気、やさしさと憎しみが入り混じる長編時代劇。

公式サイト

[PR] ★DVD/海外TVドラマ/帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button