スベクヒャン 第14話

第14話

第14話のあらすじ

チェファはソルランとソルヒを市場で懸命に探していました。

その頃、まだ武寧(ムリョン)王の一行は到着しておらず、二人も今かと待ち続けていたのでした。

それもそのはずで、武寧(ムリョン)王は、伽耶(カヤ、当時の加羅(カラ)の韓国表記。
朝鮮半島南部の小国家群)に行く前に、寄り道をしていたのです。
それはミョンノンの提案でした。



[スポンサードリンク]


目次

引用:「ミョンノンの提案で、伽耶(カヤ)の行宮に向かう前に、ペク・メスンの工房を訪れる武寧(ムリョン)王。 そこでクチョンの姿を目撃したヘ・ネスクは、チェファがこの地で暮らしていることを知り、武寧(ムリョン)王にチェファが生きていると知らせる。」 via KNTV 帝王の娘公式サイト

第14話のあらすじ(続き)・・・

ミョンノンは、伽耶(カヤ)へ行く前に、ペク・メスンの工房へ行こうと提案するのです。
結果、伽耶(カヤ)への道を引き返すことになります。
ミョンノンの意見に不満を持つチンム。そして、チンムの殺害作戦は失敗に終わりました。

ペク・メスンの工房でクチョンの姿を目撃したヘ・ネスク。夫であるクチョンがいるということは、この地にチェファが住んでいるかもしれない...。
彼は以前、チェファが自殺したとウソの報告をしていました。
しかし、この街にチェファがいると分かったヘ・ネスクはウソがバレる前に、武寧(ムリョン)王に対し、チェファが生存していたと言う報告をするのです。

その一方、チェファソルランにスベクヒャンの話をします。
スベクヒャン(守百香)は、百済(ペクチェ)を守る花なんだと言うことをソルランに語るのでした。


(photo by: imbc.com

第14話の感想

ミョンノンの提案で命が助かった武寧(ムリョン)王、強運の持ち主のようです。

チンムもいいい加減諦めて、反省したら良いのにと思います。

武寧(ムリョン)王がチェファの生存を聞いた時の表情が印象的でした。


[スポンサーリンク]

帝王の娘スベクヒャン公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『スベクヒャン』
スベクヒャン」は、百済(ペクチェ)の復興を目指す武寧(ムリョン)王とその隠し子、スベクヒャンをめぐり、人間関係が複雑に絡み合う愛と勇気、やさしさと憎しみが入り混じる長編時代劇。

公式サイト

[PR] ★DVD/海外TVドラマ/帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button