スベクヒャン 第15話

第15話

第15話のあらすじ

へ・ネスクはチェファを尋ね、二人きりで話を始めます。
まず、ユンが武寧(ムリョン)王になったことを知っているかどうかを尋ねますが、当然、チェファはその事を知っていました。

そして、ヘ・ネスクは武寧(ムリョン)王の言葉を伝えます。
それは「満月の夜に楼閣で待つ」と言うものでした。実際に武寧(ムリョン)王は待ち続けましたが、チェファは現れませんでした。
というのも、チェファは遠くから見守るだけにとどめていたからです。



[スポンサードリンク]


目次

引用:「ヘ・ネスクは、満月の夜に楼閣で待っているという武寧(ムリョン)王の言葉をチェファに伝える。 そして満月の夜。 チェファは遠くから武寧(ムリョン)王の姿を見ただけで、そのまま家に戻ってくるが、チェファのことを父・東城(トンソン)王を暗殺した敵の娘と憎むチンムは、チェファのもとに刺客を送り込む。」 via KNTV 帝王の娘公式サイト

第15話のあらすじ(続き)・・・

百済(ペクチェ)の王になってしまったユンは別人であり、知らない人...今となっては過去の人だという思いがあったのでした。
結局、チェファに会うことができなかった武寧(ムリョン)王。

その一方で、チンムは別の殺害計画を練っていました。
それは、ソルランソルヒの母、チェファです。
チェファは自分の父である先代、東城(トンソン)王の暗殺したペク・カの娘であることを知っていたチンム
チェファは東城(トンソン)王の暗殺に直接は関与していませんでしたが、ペク・カの娘であることは同罪と考えるチンムは同じくらい憎んでいたのです。

そして、チェファを殺害しようと考えるチンムはついに、刺客をチェファに対して送り込むのでした。


(photo by: imbc.com

第15話の感想

ヘネスクと再会したチェファ、その本心はどんなに複雑だった事でしょう。

武寧(ムリョン)王が、自分が死んだと思っていたと知ったチェファ、それでも母として生きる事を決めた様で感動しました。

相変わらず懲りないチンム早く更生してほしいです。


[スポンサーリンク]

帝王の娘スベクヒャン公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『スベクヒャン』
スベクヒャン」は、百済(ペクチェ)の復興を目指す武寧(ムリョン)王とその隠し子、スベクヒャンをめぐり、人間関係が複雑に絡み合う愛と勇気、やさしさと憎しみが入り混じる長編時代劇。

公式サイト

[PR] ★DVD/海外TVドラマ/帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button