スベクヒャン 第18話

第18話

第18話のあらすじ

今までずっと誰にも言わず守り通してきた秘密...それをうっかりとソルランではなく、妹のソルヒに話してしまったことに気付く母、チェファ
しかし、時はすでに遅し、ソルヒはその事をすべて理解してしまっていました。

薬の調達に成功したソルラン
ソルヒはこのことをソルランに知られたくないと、「母親がおかしくなった」とソルランに言います。
ソルランは「怪我をしているからだ」と言って、急いで薬を届けようとするのです。



[スポンサードリンク]


目次

引用:「間違ってソルヒにソルランの出生を話してしまったことに気づいて、愕然とするチェファ。 だが、ソルランに真実を伝えられないまま、チェファはスベクヒャンとだけ言い残して、息絶えてしまう。 そんな中、武寧(ムリョン)王は、チェファに会えなかった寂しさを胸に、伽耶(カヤ)の地を後にする。」 via KNTV 帝王の娘公式サイト

第18話のあらすじ(続き)・・・

何とかしてソルランを母、チェファに近づけたくなかったソルヒ
しかし、母に近づけさせないための理由はありませんでした。急いで薬をチェファに届けようとします。

しかし、それも間に合いませんでした。
もう限界だと感じた母チェファは、最後に「お前はスベクヒャン」とだけソルランに言い残し、チェファはこの世を去ります。

ソルランに本当のことを伝えられないまま...そして、ソルヒにその事を話してしまったことも伝えられずに。

母の死に悲しむソルランソルヒ
その一方、武寧(ムリョン)王も別の理由で悲しんでいました。

楼閣で待っていると伝えたはずなのに、チェファが現れなかったため、結局会えずじまいだったのです。
チェファが亡くなった事も知らず、別の意味で悲しみに明け暮れた武寧(ムリョン)王は、伽耶(カヤ、当時の加羅(カラ)の韓国表記。朝鮮半島南部の小国家群)を後にするのでした。


(photo by: imbc.com

第18話の感想

チェファが、ソルランとソルヒを間違ってしまった事に気がついたのが遅かったようです。

もちろん信じられないソルヒ、そんな彼女のせいで薬が間に合わなかったと思うと悔やまれます。

最後の力を振り絞って伝えた「お前はスベクヒャンだ」には強い想いが伝わりました。


[スポンサーリンク]

帝王の娘スベクヒャン公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『スベクヒャン』
スベクヒャン」は、百済(ペクチェ)の復興を目指す武寧(ムリョン)王とその隠し子、スベクヒャンをめぐり、人間関係が複雑に絡み合う愛と勇気、やさしさと憎しみが入り混じる長編時代劇。

公式サイト

[PR] ★DVD/海外TVドラマ/帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button