スベクヒャン 第20話

第20話

第20話のあらすじ

いよいよ両親を殺した犯人に対して復讐するチャンスを得たソルラン
そして、ソルヒはその後についていきます。
そして、二人が盗賊の住処の前で待ち伏せをしていたときのこと...。
途中でソルヒはいなくなってしまいます。
それは、ソルランがほんの少し、その場所を離れてしまった時でした。



[スポンサードリンク]

ニュース!


目次

引用:「盗賊の住みかの近くで待ち伏せするソルランとソルヒ。 だが、ソルランが百済(ペクチェ)王の娘だと知ったソルヒは、ソルランがそばを離れた隙に、ひとりで百済の都、熊津(ウンジン)城へと向かう。」 via KNTV 帝王の娘公式サイト

第20話のあらすじ(続き)・・・

ソルヒは母、チェファから聞いたソルランの出生の秘密を聞き、武寧(ムリョン)王が待つ百済(ペクチェ)の熊津(ウンジン)城へと一人で向かうのです。
自分がスベクヒャンだと名乗るために...。

しかし、熊津(ウンジン)城の前で具合を悪くして倒れるソルヒ
それを幸いにもヘ・ネスクの夫人に助けられるのです。
ソルヒは、自分の体調のことなど一切気にもせず、どうやったら武寧(ムリョン)王に話をすることができるのか?
そればかりを考えていました。

へ・ネスクの夫人に武寧(ムリョン)王とお話をしたいのですが、どうしたら良いですか?と尋ねるソルヒ
夫人からは「結願鼓(キョロンゴ、王宮の前にある太鼓のようなもの)を叩くとお話ができるかもしれない。
しかし、意味もないくだらない用事を言うのに叩くと首が飛ぶ可能性もある」と言うのです。

しかし、武寧(ムリョン)王とお話できる機会を持つためならば...。


(photo by: imbc.com

第20話の感想

ソルランの事が心配でソルヒは後をつけたのかと思いきや、自分の為だったとは・・・。

具合が悪くなったのは罰が当たったのかと思いましたが、まさかヘ・ネスクの夫人が助けるなんて強運の持ち主のようです。

出来るなら武寧(ムリョン)王とソルヒは対面してほしくないです。


[スポンサーリンク]

帝王の娘スベクヒャン公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『スベクヒャン』
スベクヒャン」は、百済(ペクチェ)の復興を目指す武寧(ムリョン)王とその隠し子、スベクヒャンをめぐり、人間関係が複雑に絡み合う愛と勇気、やさしさと憎しみが入り混じる長編時代劇。

公式サイト

[PR] ★DVD/海外TVドラマ/帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button