スベクヒャン 第23話

第23話

第23話のあらすじ

体調は回復し、ソルヒを探し続けている最中、ソルランは独りになってしまいます。
一緒に行動するはずだったトルデやマングがいなくなってしまったのです。
結局独りぼっちになってしまったソルランでしたが、諦めずにソルヒを探し続けるのでした。

その頃、ヘ・ネスクの夫人はソルヒの元を訪れます。
その中で、ソルヒが本物かどうかを疑っていました。
実の父の具合が悪く倒れてしまったのに、それを一切心配しないと指摘するのです。
しかし、ソルヒは武


[スポンサードリンク]


目次

引用:「ソルヒを捜すため、トルデやマングと行動を共にするソルランだが、ふたりに騙されて再び独りになってしまう。 そんな中、チェファを殺害した盗賊を捕らえるため、ミョンノンが伽耶(カヤ)にやって来る。 山中を捜索するミョンノンは崖から足を滑らせてしまうが、そこへソルランが通りかかる。」 via KNTV 帝王の娘公式サイト

第23話のあらすじ(続き)・・・

そんな中、武寧(ムリョン)王はミョンノンにお願いをしていました。
それは、最愛の人、チェファの命を奪った盗賊たちの討伐だったのです。

父のお願いを快諾するミョンノン
そして、ソルヒに挨拶をし、父を見舞ってほしいというお願いをします。
王は自分のことがあまり好きではないらしいというソルヒ、自分の大切な妹であり、王の宝になるというミョンノンでした。

そして、いよいよ盗賊討伐の為、ピムンの一員、部下とともに伽耶(カヤ、当時の加羅(カラ)の韓国表記。朝鮮半島南部の小国家群)へとやってきます。
しかし、そこで足を滑らせてしまい大声を出すミョンノン
それをたまたま通りかかったソルランが聞きつけ、駆けつけるのでした。


(photo by: imbc.com

第23話の感想

ソルヒにもトルデ達にも裏切られるソルラン、哀れでなりません。

一方、少しずつではありますが疑われ始めたソルヒ、いつ真実が明らかになるか気になる所です。

ミョンノンとソルランの運命の出会い、今後どのように展開して行くのでしょう。


[スポンサーリンク]

帝王の娘スベクヒャン公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『スベクヒャン』
スベクヒャン」は、百済(ペクチェ)の復興を目指す武寧(ムリョン)王とその隠し子、スベクヒャンをめぐり、人間関係が複雑に絡み合う愛と勇気、やさしさと憎しみが入り混じる長編時代劇。

公式サイト

[PR] ★DVD/海外TVドラマ/帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button