スベクヒャン 第28話

第28話

第28話のあらすじ

ソルランのピムンにおける訓練は日々変わらず容赦なく続いていきます。
教官テウンが指導する中、男たちに負けじと食らいついていくのです。
食事の旗が取れないこともありましたが、訓練を続けていく中で、徐々に実力をつけていき、食事にありつけることも多くなってきました。



[スポンサードリンク]


目次

引用:「教官テウンのもと、男たちに交じって激しいピムンの訓練に身を投ずるソルラン。トルデたちに助けられながら、厳しい訓練を生き延びてゆく。 一方、王女スベクヒャンとして迎えられたソルヒは、チンムから以前伽耶(カヤ)で会ったことがあると言われるが、あくまで人違いだと言い張る。」 via KNTV 帝王の娘公式サイト

第28話のあらすじ(続き)・・・

トルデたちのフォローを受けながら、日々、確実にたくましくなっていくソルラン
その一方、スベクヒャンとして迎え入れられたソルヒは、伽耶(カヤ、当時の加羅(カラ)の韓国表記。
朝鮮半島南部の小国家群)で貧しい生活をしていた頃では想像もつかないような豪華な部屋を与えられていました。
ソルヒはあまりのすごさにうろたえてしまうほどだったのです。

そんなソルヒチンムが近づきます。
「以前、伽耶(カヤ)でお会いしたことはないでしょうか?」と尋ねるチンム
しかし、ソルヒは人違いだと言い切ります。
しかし、そこでチンムソルヒを動揺させるような一言を放ったのです。

「私が知っている方は姉を探している方でした。しかし、あなたは妹が亡くなったといっていた」と。

ソルヒソルランの妹。
確かに、チンムを知った時には姉のソルランを探していました。
しかし、それではスベクヒャンのつじつまが合わないので、自分が姉だと言うことにしていたのです。


(photo by: imbc.com

第28話の感想

豪華な部屋を用意され、武寧(ムリョン)王にあなたの傍にいるだけで幸せと言ったソルヒ、恐ろしい女性です。

そんなソルヒですが、チンムから言われた言葉にかなり動揺したようでした。

一方、男性に交じって一生懸命頑張るソルラン、応援したくなります。


[スポンサーリンク]

帝王の娘スベクヒャン公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『スベクヒャン』
スベクヒャン」は、百済(ペクチェ)の復興を目指す武寧(ムリョン)王とその隠し子、スベクヒャンをめぐり、人間関係が複雑に絡み合う愛と勇気、やさしさと憎しみが入り混じる長編時代劇。

公式サイト

[PR] ★DVD/海外TVドラマ/帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button