スベクヒャン 第48話

第48話

第48話のあらすじピムンの一員として認められたソルラン

約束どおり、大きな家が与えられます。

しかし、そんな広い家...一人で暮らすのも退屈だと落ち着かない様子でした。

ソルラン武寧(ムリョン)王からあるお願いを受けます。
それは、スベクヒャンソルヒ)の話し相手でした。


[スポンサードリンク]


目次

引用:「晴れて自宅を与えられるが、広い家に独りで落ち着かないソルラン。そんな中、ソルランは、武寧(ムリョン)王からスベクヒャン王女の話し相手になるよう頼まれるが、スベクヒャン(ソルヒ)はそれを拒絶する。」 via KNTV 帝王の娘公式サイト

第48話のあらすじ(続き)・・・

しかし、大きな家に一人でいても落ち着かないソルランはそれを快諾します。

しかし、スベクヒャンはそれをかたくなに拒否するのでした。

それには理由があり、その事をミョンノンから命令の一部として聞かされるのです。
それは、「高句麗(コグリョ)の密偵を捕まえる」と言うものでした。

スベクヒャンソルランを拒否するのは、密偵の可能性があるからだと説明を受けるのです。

その後、武寧(ムリョン)王は、ウネ王妃に声をかけます。
王妃もまた、常に暇そうな生活をしている人間の一人でした。

話し相手にどうか?とソルランを紹介するのでした。

ソルランは、ウネ王妃を楽しませ、笑わせるのでした。

それを聞いて安心する武寧(ムリョン)王。

お茶会に呼ばれるソルラン
そこで王妃は武寧(ムリョン)王とソルランから習ったあやとりを楽しみます。

ソルランがお茶会に入ることで、暖かみが出たと武寧(ムリョン)王もソルランのことを気に入っていくのでした。


(photo by: imbc.com

第48話の感想

ここでまたソルランとソルヒが関わろうとしましたが、また失敗に終わりました。

ソルヒはなんという悪運の持ち主なのでしょう。

しかしソルランがウネ王妃と繋がった事で、ソルヒも危なくなってきたようです。


[スポンサーリンク]

帝王の娘スベクヒャン公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『スベクヒャン』
スベクヒャン」は、百済(ペクチェ)の復興を目指す武寧(ムリョン)王とその隠し子、スベクヒャンをめぐり、人間関係が複雑に絡み合う愛と勇気、やさしさと憎しみが入り混じる長編時代劇。

公式サイト

[PR] ★DVD/海外TVドラマ/帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button