スベクヒャン 第52話

第52話

第52話のあらすじソルヒの突然の告発!ソルヒから高句麗(コグリョ)との内通を告発されたウネ王妃の父、ヘ・ネスクは投獄されてしまいます。

ウネ王妃に呼び出され、ソルヒに怒りをぶつけます。
「父親は家族よりも国を取るような人。絶対に密偵であるなんてありえない」と言うのです。



[スポンサードリンク]

ニュース!


目次

引用:「スベクヒャン王女の告発によってヘ・ネスクは投獄され、ウネ王妃は王女に怒りをぶつける。 一方、ソルランは、遠目に見た王女の姿が妹のソルヒに似ていることに驚く。」 via KNTV 帝王の娘公式サイト

第52話のあらすじ(続き)・・・

しかし、それを真っ向から否定し、王妃を見下すウネ王妃。
王妃はあまりのショックに気を失ってしまいます。

また、武寧(ムリョン)王もヘ・ネスクの潔白を信じていました。
万が一、ヘ・ネスクが高句麗(コグリョ)と内通していたとなると、そんな人間を重臣扱いしていた王様もタダでは済まされません。

そして、ミョンノンに潔白の証明を命じるのでした。

その一方、その告発の様子を見ていたソルラン
まさかあんなところにソルヒがいるなんて...いまだ信じられないと自分を疑います。

そして、ソルヒは自分の手柄を立てるため、内密に高句麗(コグリョ)のウルミル将軍と手を結んでいました。
高句麗(コグリョ)の密偵を捕まえて手柄を立てたいと...。

また、将軍も同じ気持ちでいたのです。
しかし、そのためにはソルヒが王女としての地位を固めるのが先だと主張します。

手柄を立てて地位を上げたいソルヒとウルミル将軍。二人は共同作戦に出るのでした。


(photo by: imbc.com

第52話の感想

ソルランとソルヒの思いがけない再会が、これからの事を考えると辛いものがあります。

そして今度はウネ王妃を悲しませたソルヒ、自分を守ろうと必死のようです。

また仲間となったウルミン将軍、この二人には目が離せません。


[スポンサーリンク]

帝王の娘スベクヒャン公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『スベクヒャン』
スベクヒャン」は、百済(ペクチェ)の復興を目指す武寧(ムリョン)王とその隠し子、スベクヒャンをめぐり、人間関係が複雑に絡み合う愛と勇気、やさしさと憎しみが入り混じる長編時代劇。

公式サイト

[PR] ★DVD/海外TVドラマ/帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button