スベクヒャン 第62話

第62話

第62話のあらすじ

晴れて休暇をもらうことができたソルラン
家を出ようと思ったところで、ミョンノンが現れます。

もちろん、お忍びの姿で...。

こうして、二人のマックム探しが始まるのです。

その一方で、ソルランが気になるソルヒは、お金を出せば何でもしてくれるという「ならず者」を手配します。

貧乏な村に住むその男たちは、大金が手に入るとあり、ソルヒの依頼を受けることにしました。
ソルヒの依頼は「休暇で国を出て行ったソルランの尾行」だったのです。


[スポンサードリンク]


目次

引用:「家を出るソルランの前に、お忍び姿のミョンノンが現れる。一方のソルヒは、ならず者を使ってソルランの動向を探らせる。ソルランとミョンノンは、マックムの手がかりを得られないまま街を歩き回っていたが」 via KNTV 帝王の娘公式サイト

第62話のあらすじ(続き)・・・

しかし、ソルランたちは街を歩き回るものの、なかなかマックムの情報にたどり着くことができません。

そんな中、ミョンノンソルランのために服をプレゼントするのですが、肝心な告白がなかなかできずにいました。

なかなか言い出さないミョンノンにしびれを切らせ、その場を去ってしまうソルラン
その直後、何者かに襲われ、ミョンノンは小屋に閉じ込められてしまいます。

その正体は、伽耶のキムン国王、スニムンが手配した刺客でした。
そして、その刺客にソルランも捕らえられてしまいます。

マックムを探すどころではなくなってしまった二人は、何とかして逃げ出す方法を探ろうとするのでした。

(photo by: imbc.com

感想

町を仲良く歩くミョンノンソルラン
二人はどこから見ても恋人同士…でも何時まで経っても肝心のミョンノンからの告白が…

しびれを切らしてしまったソルランの気持ち、よくわかりますネ。
どうやらミョンノンはかなりシャイな性格のようです。

そんな時、二人に事件が!

捕えられた二人は一体どうなるのでしょうか?


[スポンサーリンク]

帝王の娘スベクヒャン公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『スベクヒャン』
スベクヒャン」は、百済(ペクチェ)の復興を目指す武寧(ムリョン)王とその隠し子、スベクヒャンをめぐり、人間関係が複雑に絡み合う愛と勇気、やさしさと憎しみが入り混じる長編時代劇。

公式サイト

[PR] ★DVD/海外TVドラマ/帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button