スベクヒャン 第63話

第63話

第63話のあらすじ

伽耶のキムン国王・スニムンの刺客の手によって、小屋に閉じ込められてしまったソルランミョンノン

外部への助けを求めようと試みますが、なかなかうまくいきません。

ソルランは先に目を覚まし、血を流して倒れているミョンノンを起こします。
どんな状況なのかも分からないミョンノンは、ソルランに説明を求めますが、ソルランにも分かりません。

そんなうちに自分が流血していることを知ったミョンノンは再び気を失ってしまいます。


[スポンサードリンク]

ニュース!


目次

引用:「キムンの王スニムンの刺客によって、小屋に閉じ込められてしまったソルランとミョンノン。外に助けを求めようとするが、なかなか思った通りにはいかず、そうこうしているうち、ふたりの距離は自然と縮まっていくのだった。」 via KNTV 帝王の娘公式サイト

第63話のあらすじ(続き)・・・

そして、狭い小屋の中で一生懸命抜け出そうと頑張る二人の距離は知らない間に近いものになっていました。

そんなことになっているとは知らない武寧(ムリョン)王のもとへ、キムン国スニムン王が約束もせずにやってきます。

百済(ペクチェ)へ突然やってきたことを不振に思う武寧(ムリョン)王。

スニムン王は、ミョンノンが不在であることを知っていながら、武寧(ムリョン)王にミョンノンのことを質問します。

休暇を取っているミョンノンのことを「用事があって不在」と応える武寧(ムリョン)王。
ミョンノンに何かあったのではないですか?」と不安を煽るスニムン王。

その言葉を聞き、不安になってしまう武寧(ムリョン)王でした。

(photo by: imbc.com

感想

伽耶のキムン国王・スニムンの刺客によって捕われたミョンノンとソルラン。

何度も脱出を試みますが、どうしてもうまくいきません。
寒さに耐えながら二人は一体どうなるのでしょうか?

武寧(ムリョン)王の所へ、スムニンが突然現れ何か良からぬ事を企んでいる様子ですネ。


[スポンサーリンク]

帝王の娘スベクヒャン公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『スベクヒャン』
スベクヒャン」は、百済(ペクチェ)の復興を目指す武寧(ムリョン)王とその隠し子、スベクヒャンをめぐり、人間関係が複雑に絡み合う愛と勇気、やさしさと憎しみが入り混じる長編時代劇。

公式サイト

[PR] ★DVD/海外TVドラマ/帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button