スベクヒャン 第75話

第75話

第75話のあらすじ

ついに真実が分かったソルランは、マックムから預かった産着を持ち、ソルヒを問いただしに行きます。

「家族を裏切ってまで王女になりたいのか」と。

武寧(ムリョン)王にはすべてを話すつもりでいたソルランでしたが、焦るソルヒはこう言い返します。
「事実が分かれば、ソルランミョンノンは実の姉弟だ」と。


[スポンサードリンク]

ニュース!


目次

引用:「王女になるために家族を裏切ったと、ソルヒを問い詰めるソルラン。だが、真実を明かせばソルランとミョンノンが実の兄妹になるというソルヒの言葉に、ソルランは戸惑う。」 via KNTV 帝王の娘公式サイト

第75話のあらすじ(続き)・・・

ソルヒがこれ以上ウソを塗り重ねる前に、真実を武寧(ムリョン)王に話さなければならないが、それはミョンノンと愛し合えなくなることを意味する...ソルランは戸惑うのでした

その頃、ウネ王妃の父でもあるヘ・ネスクはスニムンが納めているキムン国への密偵を送り、詳しく調べてもらえる人材が欲しいとトリムに話していました。

トリムはソルランが適任だといいますが、ソルラン武寧(ムリョン)王からお許しが出ないため、不可能だと話すのでした。

そんなソルランですが、武寧(ムリョン)王のそばで仕事をする機会があったにもかかわらず、真実を伝えられずにいました。
ソルヒに言われた、ミョンノンとの関係があったからです。

トリムはソルランにキムン国への密偵の件を話します。
王の信頼を得るためにも行って欲しいとお願いしますが、百済(ペクチェ)を離れたくないというソルランでした。

(photo by: imbc.com

感想

ソルヒの野望に怒りを覚えるソルランは全てを武寧(ムリョン)王に暴露しようとしますが、ソルヒは逆に「ミョンノンと姉弟という事になっても良いのか?」と開き直る始末。

なんとも狡猾ですネ。

そんな時、ソルランにキムン国への密偵の話が舞い込むのですが、ソルランはどう対応するのでしょうか?


[スポンサーリンク]

帝王の娘スベクヒャン公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『スベクヒャン』
スベクヒャン」は、百済(ペクチェ)の復興を目指す武寧(ムリョン)王とその隠し子、スベクヒャンをめぐり、人間関係が複雑に絡み合う愛と勇気、やさしさと憎しみが入り混じる長編時代劇。

公式サイト

[PR] ★DVD/海外TVドラマ/帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button