スベクヒャン 第79話

第79話

第79話のあらすじ

キムン国に侵入することに成功したソルラン
寝殿の女官ではカヒと名乗り、スニムン王に接近します。

そのスニムン王に気に入られ、思惑通りに密偵としての仕事が進んでいくのでした。

一方、ソルヒを偽者のスベクヒャンだとして訴えようとしていたナウンは、さらにその脅迫をやめようとせず、さらには悪口まで言い始めるようになりました。

武寧(ムリョン)王からプレゼントされたものも欲するようになり、ソルヒは我慢の限界に達してしまいました。


[スポンサードリンク]

ニュース!


目次

引用:「ソルランは、カヒと名乗って寝殿の女官となり、思惑通りスニムンに気に入られる。一方、ソルヒは、王女の正体をめぐって自分を脅迫し侮辱するナウンを殺害してしまう。」 via KNTV 帝王の娘公式サイト

第79話のあらすじ(続き)・・・

ソルヒは突発的にとはいえ、あまりにも憎かったナウンを殺してしまうのです。

血だらけになって倒れるナウン。そのまま帰らぬ人となってしまいます。

そのタイミングでソルヒの部屋に入ってくるチンム
チンムはこの悲惨な光景と、ナウンを殺して呆然としているソルヒの姿を目の当たりにします。

しかし、そこでチンムは意外な行動に出るのです。
そのことを武寧(ムリョン)王に報告するどころか、血塗られたソルヒの手を拭いてあげます。
そして、こう助言するのです。

「ナウンは王国の金に手を出して失踪したことにしよう」と。

ソルヒはそれに従い、ウネ王妃にナウンがいなくなったことを報告するのでした。
そして、それはトリムの耳にまで入ってくることになります。

(photo by: imbc.com

感想

チンムとソルヒは共通の恐ろしい秘密を握ることになりました。

しかし、いつかはウソがばれてしまう事になるのですが、今は周りを取り繕うことが精一杯のようですネ。


[スポンサーリンク]

帝王の娘スベクヒャン公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『スベクヒャン』
スベクヒャン」は、百済(ペクチェ)の復興を目指す武寧(ムリョン)王とその隠し子、スベクヒャンをめぐり、人間関係が複雑に絡み合う愛と勇気、やさしさと憎しみが入り混じる長編時代劇。

公式サイト

[PR] ★DVD/海外TVドラマ/帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button