スベクヒャン 第84話

第84話

第84話のあらすじ

クチョンが顔を洗っていると、やたらに怯えた少年がいることに気付きます。

足を洗っているうちに違和感を覚え、服を脱がすと驚くほどの虐待の跡が...。

何もしていないと言う子供。
そんな子供を助けるべく、翌日、その子供の家へ一緒に向かいます。


[スポンサードリンク]

ニュース!


目次

引用:「家族を殺した盗賊の討伐を、スニムンに願い出るソルラン。ソルランと外出したスニムンは、盗賊に襲われて悲惨な暮らしを強いられている民の現状を目の当たりにする。キムンの兵力だけでは盗賊を討伐できないと知ったスニムンは」 via KNTV 帝王の娘公式サイト

第84話のあらすじ(続き)・・・

家では両親が怒って子供を待っていました。

クチョンを見て、一度は態度を和らげる両親。
しかし、子供に目をつぶらせたかと思うと、家のものを破壊し始めます。

虐待に使われていたムチまで...。
言葉の話せないクチョンなりの制裁でした。

クチョンの優しさが伝わってきます...

その頃、ソルランは「自分の家族を殺した盗賊の討伐」をスニムン王に申し出ていました。
盗賊の被害は思ったよりも大きく、ソルランと一緒に外出したスニムン王は、その現実を知ることになります。

財産などを根こそぎ持っていかれ、生きるか死ぬかの瀬戸際で暮らす民たち。
一刻も早く討伐を行い、民に平和をもたらさなければなりません。

これを見たスニムン王は、キムンだけでは盗賊の討伐が難しいと判断して、武寧(ムリョン)王に親書の返事を書くことにしました。

その一方で、ソルランがいなくて寂しさを紛らわせずにいたミョンノン
ソルランに言われた「1日3食を食べる」ことを守るため、早く帰るよ...と、寂しさを紛らわすかのように言うのでした。

(photo by: imbc.com

感想

クチョンは優しい人なのですネ。

口がきけなくても少年に対する慈愛が伝わってきます。
チェファを救い、ソルラン・ソルヒ姉妹を優しく育てた父親なのですから・・・

ついに伽耶キムン国スニムン王の心を動かしたソルラン。

じっとソルランの帰りを待つミョンノンが可哀想です・・・


[スポンサーリンク]

帝王の娘スベクヒャン公式サイト及び関連情報

韓国歴史ドラマ、『スベクヒャン』
スベクヒャン」は、百済(ペクチェ)の復興を目指す武寧(ムリョン)王とその隠し子、スベクヒャンをめぐり、人間関係が複雑に絡み合う愛と勇気、やさしさと憎しみが入り混じる長編時代劇。

公式サイト

[PR] ★DVD/海外TVドラマ/帝王の娘 スベクヒャン DVD-BOX1



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button