bannerhead.jpg



ニュース!

全20話のあらすじ一覧表

太陽を抱く月 各話のあらすじ
第01話
第02話
第03話
第04話
第05話
第06話
第07話
第08話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話

「太陽を抱く月のあらすじと感想」最新記事

全ての記事一覧を見る

 

スポンサーリンク



大妃ユン氏:キム・ヨンエ

『太陽を抱く月』大妃(大王大妃)として登場する大妃ユン氏を演じるのは、女優のキム・ヨンエ

大妃ユン氏フォンの祖母であり、王妃として多大な発言力を持っています。

甥のユン・デヒョンらユン氏一族と外戚勢力を形成し、宮廷を牛耳り、目的の為なら手段は選ばない冷酷さを持つ女性。

続きを読む

チャンシル:ペ・ヌリ

『太陽を抱く月』天性の霊力を持つ巫女として登場するチャンシルを演じるのは、女優のペ・ヌリ

チャンシルは朝鮮最高の霊力を持つ巫女ノギョンの養女で、幼い頃、詐欺を働かされていた時にヤンミョングンに助けられたことがあります。

生まれながらに神力を持っているものの、上手くコントロールすることができない・・・。

しかし、その神力を見抜いたノギョンに引き取られ、神娘として育てられることになるのでした。

後にヤンミョングンと再会し、彼の役に立とうとしたところノギョンの怒りを買うハメになります・・・。

続きを読む

シン氏:ヤン・ミギョン

『太陽を抱く月』ヨヌとヨムの母として登場するシン氏を演じるのは、女優のヤン・ミギョン

シン氏ヨヌとヨムの母で、弘文館の大提学(テジュハク)、ホ・ヨンジェの妻です。

ヨヌと夫を亡くしてからは、しおれた花のように生気を失ってしまいますが、ミナ王女のおかげで笑顔を取り戻していく・・・。

続きを読む

ヒョンソン:チョン・ウンピョ

『太陽を抱く月』で世子時代からフォンに仕える内官として登場するヒョンソンを演じるのは、俳優のチョン・ウンピョ

ヒョンソン内官で、真面目な性格ではありますが、お茶目な一面をみせてくれることもあります。

フォンにとってヒョンソンは何でも隠さずに話せる存在で、フォンが機嫌が悪い時にはヒョンソンだけには八つ当たりができる存在です。

いつでも全てを受け止めてくれて、恋の相談話も真剣に聞いてくれていつも笑顔で見守ってくれているヒョンソンは、フォンにとって大切な存在です。

続きを読む

ホ・ヨンジェ:ソヌ・ジェドク

『太陽を抱く月』ヨヌの父として登場するホ・ヨンジェを演じるのは、俳優のソヌ・ジェドク

ホ・ヨンジェヨヌの父で、弘文館の大提学(テジュハク)を務める優れた学者です。

清廉潔白な人柄とその博識によって、多大な人々から敬愛された人物です。

外戚勢力はびこる宮廷において、珍しく私心の全くない忠臣である為に、成祖の信頼も厚かったのですが、それゆえにユン・デヒョンからは敵視されることになります。

ヨヌが原因不明の病に侵されてしまい、ノギョンから受け取った薬を飲ませた事で娘を失う。

そのショックから自らも自害することになるのでした。

続きを読む

ミナ王女:ナム・ボラ

『太陽を抱く月』イ・フォンの妹として登場するミナ王女を演じるのは、女優のナム・ボラ

ミナ王女イ・フォンの妹で、王女として何不自由なく育った為に、天真爛漫かつおてんばで時にはワガママに振舞うこともありました。

兄のイ・フォンには厳しく接する成祖もミナ王女に対しては甘く接していました。

続きを読む

RSS Feed Widget

スポンサーリンク

このページの上部へ

注目ドラマ


韓国ドラマ「獄中花」


キム・マンドク

sidebarlogo
おんな城主直虎

sidebarlogo
Huluのおすすめ映画やドラマ紹介

osusume-kandora
お薦めの韓国ドラマ


マスケティアーズ


ダウントンアビー


刑事フォイル

韓流スタープロフィール


韓流スタープロフィールとドラマ


チョン・ドジョン

スベクヒャン

九家の書

火の女神ジョンイ

チャン・オクチョン

放送中の注目ドラマ

カテゴリ

Powered by Movable Type 5.2.12

記事を更新中です...