[スポンサードリンク]

最新記事

 『太陽を抱く月』再放送をNHK BSプレミアムで5月10日(土)、朝8:30から開始
朝鮮時代の若き王、イ・フォンヨヌという巫女の歴史ファンタジーラブストーリー。
貴族の生まれのヨヌは、初恋の皇太子妃として選ばれますが、婚姻の直前、原因不明の病にかかり命を落としてしまいます。
そして、8年後...。死んだはずのヨヌは、過去の記憶をすべて失い、巫女としてこの世に生きていたのです!。
再び出会った二人は運命の恋に落ちるのですが...。 (※総合テレビでは2014年7月13日より毎週日曜日、夜11:00から放送予定)
視る前に知っておきたい・・・(キャスト/登場人物/相関図時代背景
太陽を抱く月 各話のあらすじと動画情報
第01話
第02話
第03話
第04話
第05話
第06話
第07話
第08話
第9話
第10話
第11話
第12話
第13話
第14話
第15話
第16話
第17話
第18話
第19話
第20話
韓国盤[太陽を抱いた月] DVD 初回限定版(14 Disc)
*Amazonで関連情報を見る

あらすじ

太陽を抱く月太陽を抱く月』は、*1最高視聴率46.1%(第16話)を記録した話題の韓国ドラマです。このドラマは、韓国で大人気を呼んだ同名小説(チョン・ウングォル作)をドラマ化した歴史ドラマ。

ドラマのあらすじは朝鮮時代の若き王、*2イ・フォンとヨヌという巫女の間の愛の物語。 貴族の生まれのヨヌは、イフォンの妃として選ばれますが、婚姻の直前、悲劇の死を遂げます。時は流れて、8年後。死んだはずのヨヌが、巫女としてこの世に生きており、再びイ・フォンの前に姿を現わします...。

見どころ

太陽を抱く月

韓流スター「キム・スヒョン」(ドリームハイ)、「ハン・ガイン」(赤と黒)が恋人たちを熱演します...。

韓国歴史ドラマに特有の宮廷内の陰謀、権力闘争を絡ませた純愛ドラマ。8年前に起こった婚約者ヨヌの不可解な死の真相に迫っていく中で、背後に流れる、ある事情に気づいていく過程が興味深く語られています。

ドラマの序盤では、子役たちが大活躍。韓国の「国民の妹」と呼ばれ、『トンイ』でもおなじみのキム・ユジョンが少女時代のヨヌ役で登場、王子イ・フォン役のヨ・ジング(将来のキム・スヒョンとの期待が高い)とともにまっすぐな恋心を微笑ましく好演します。

登場人物/キャスト紹介ページリンク

*1AGBニールセンメディアリサーチ首都圏エリア
*2架空の朝鮮王(歴史上は存在しない)

太陽を抱く月第16話『真実に落ちる涙』

8年前の真実が明らかに

ヨヌは、ソルと話をしていました。
(ソルから)世子妃にデヒョンの娘が決定したことを聞いて、昔のことを思い出します(ていました)。

ボギョンから呼び出され、部屋に入ったヨヌ(ウォル)でしたが、ウォルの顔を見て『ヨヌが生きていたのか!?』とボギョンは動揺するのでした。

太陽を抱く月第15話『深まる謎』

蘇るヨヌの記憶

ソルは、ウォルを見て驚きます。

ウォルは自分がヨヌだったこと、そして全てを思い出し、ソルから話を聞くことに。
しかし、本当の事を答えてくれません。
ソルに、『あなたのことをはっきりと覚えている』と言い、何故嘘をつくのかを問いただします。

太陽を抱く月第14話『天変の時』

追放された罪人ウォル

ヨヌは、王フォンの心を惑わせ、身分違いの恋心を抱いたとして追放されてしまいます。
服には、「淫」という文字を縫いつけられ活人署へと向かうのでした。

ヤンミョン君にも、自宅謹慎の処分が科せられることに。

太陽を抱く月第12話『切なき恋心』

知らないふりをするウンに

フォンとウォルが、観劇している姿を側で見ていたウンに、ヤンミョン君は、「ウォルの秘密を知っていたのか」と問いただします。

知らないふりをするウンに「王様の味方なんだな」と悲しむのでした。

太陽を抱く月第11話『許されぬ縁』

フォンを悩ますヨヌの幻影

ヤンミョン君は康寧殿に向かうウォルを引き止めようとしますが、ノギョンに邪魔されます。
ウォルに近づこうとするヤンミョン君に、『ウォルの事を思い未練を捨ててほしい』とノギョンは諭すのでした。

太陽を抱く月第10話『心揺さぶる文(ふみ)』

ヨヌを思い出させる手紙

フォンは、ウォルを心配して、医官に診察するよう命令します。
ウンは、フォンの苦しみを察して、ウォルの手紙を見せることに。
ヨヌを思い出させる手紙に、フォンは苦しくなるのでした。

▲ このページのトップへ

[スポンサード・リンク]

coach

記事を更新中です...