[スポンサードリンク]



<<  | HOME | (次の頁)  >>

太陽を抱く月 第1話

第01話

第01話

第1話

李氏朝鮮のとある時代、陰謀渦巻く王宮の権力争いに巻き込まれた若い男女が運命に翻弄される物語です。
ドラマは史実にない架空のものですが、歴史ロマンスファンタジー として充分楽しめると思います。

ある時、自分の絶対的権力を極めるためには、手段を選ばない大妃(王の母)と、外戚の一人が手を組み、王の異母弟に謀反の罪をきせて、殺害します。
その現場を目撃した巫女が捕えられ刑死するところから物語は始まります。

大妃ユン氏はユン・デヒョンと策謀し、王の異腹の弟ウィソン君を暗殺する。その場を目撃した巫女アリを恐れた大妃は彼女の処刑を命じる…。

引用:ShowTime(ショウタイム)

ウイソン君の暗殺が暗示しているのは、「太陽を抱く月」というタイトルにある「太陽」と「月」。
太陽は「王」、月は「妃」を表しているのがこのドラマのメインに流れるキーワードです。

ヨヌとフォン、運命の出会い

アリの死と同じ時期に産まれた弘文館(ホンムンガン)大提学(テジェハク)の娘、煙雨(ヨヌ)はすくすくと成長し、科挙の文科に首席合格した兄の放榜礼(パンバンネ)を見物しに宮廷に行き、そこで師匠たちの手を焼かせていた悪童の王世子フォンと出会う。

引用:KNTV 『太陽を抱く月』各話あらすじ

科挙の文科に首席合格した兄の晴れ姿を見に宮廷に行ったヨヌは、蝶を追いかけて宮殿の中へ入っていきます。
この蝶は、後のエピソードにも登場する象徴的な蝶ですが、作者はこの蝶に二人の運命の結びつきを表現したかったのでしょうか?

これが、ヨヌとフォンの運命的な出会いとなるのですが、ヨヌの子役を演じたキム・ユジョンちゃんとフォンの子役を演じたヨ・ジング君の演技がなんとも可愛らしく微笑ましいのが印象的でした。

子役たちの熱演が印象的

ちなみに、キム・ユジュンちゃんは大物子役と呼ばれていて、日本でも大人気だった「トンイ」の少女時代を演じました。
当時10歳か11歳ですが、とても子供とは思えない大人の俳優顔負けの熱演だったことを覚えています。

ドラマのこれからの展開は?

さて、ヨヌ(煙雨)と言う名はいかにも儚いです。
これからヨヌが辿る過酷な運命を象徴しているようでもあります。

さて、運命的な出会いを果たしたヨヌとフォン。
これから、ドラマはどんな展開を見せてくれるのでしょうか?

参考となる情報

*王世子(ワンセジャ)とは、皇太子のことです。

*弘文館(ホンムングァン)は王宮の文献・書籍の管理、公文書の処理、王の諮問などを担う官庁。大提学(テジェハク)は弘文館の長官職。

*物語はフィクションですが、色々な事件を照らし合わせると、李氏朝鮮王朝中期の時代を着想したのではないかとの説があります。
新版韓国時代劇カタログ (Gakken Mook)

[スポンサード・リンク]

日本語であらすじを紹介している公式サイト

太陽を抱く月あらすじ検索

参考

太陽を抱く月(The Moon That Embraces the Sun)動画情報

以下にご紹介するリンクで「太陽を抱く月」の動画情報をご確認いただけます。

「太陽を抱く月(The Moon That Embraces the Sun)」動画情報

韓国歴史ドラマ、『太陽を抱く月』


太陽を抱く月」は、若き王、イ・フォンとヨヌという巫女の間の愛の物語。 貴族の生まれのヨヌは、皇太子妃となったが、原因不明の病にかかり命を落とす。8年後。死んだはずのヨヌは、過去の記憶をすべて失い、巫女としてこの世に生きていた…。「キム・スヒョン」「ハン・ガイン」主演のラブストーリー。

検索エンジン

公式サイト

*DVD/Blu-Ray情報をAmazonで調べる

▲ このページのトップへ

 


<<  | HOME | (次の頁)  >>


▲ このページのトップへ

edit

pagetop

記事を更新中です...