第10話のあらすじ概要

第10話

護衛官のウンフォンウォルの手紙を渡します。 
フォンは何故か見覚えのある文字と文章に心惹かれてしまうのでした。

フォンは失ってしまったヨヌの記憶にウォルの筆跡を重ねていたのでしょうか?


[スポンサーリンク]

ニュース!


目次

ヨヌからの手紙

引用:フォンが混乱していることに気づいたウンは、軍人が取り上げたウォルの手紙をフォンに伝える。どこか見覚えのある文字と美しい文章に心惹かれるフォン。-KNTV 『太陽を抱く月』各話あらすじ

 ウォルにどうしてもヨヌの面影を重ねてしまうフォンです。

ある夜の事、フォンは身代わり巫女としてやって来たウォルに手紙の事を話し始めますが、ウォルの反応になぜかヨヌを思い出すのでした。
そして、ウォルをヨヌとの思い出の場所である隠月閣へ連れ出します。

一方、フォンを訪ねたヨムは家で見つけたヨヌの手紙をフォンに渡します。
死の間際にヨヌがフォン宛に書いた手紙で、そこにはフォンに対する切ない思いがつづられていました。

フォンはヨヌを想い出し涙するのでした。

フォンは、ヨヌの筆跡がウォルの手紙に似ていることに気が付き、ウォルを呼べと命を下します・・・

ポギョンの悲しみ

引用:「王妃ボギョンが康寧殿に来たことを知ったフォンは中宮殿を訪ね、どこまで自分を監視するのかとボギョンを問い詰め、冷たく去ってしまう。」 (KNTV 『太陽を抱く月』各話あらすじ

ある時、フォンは中宮殿のポギョンを訪ねます。
王の来訪に喜ぶポギョンですが、期待に反して王の叱責を受け落胆してしまいます。

身代わり巫女の事が気になったポギョンが康寧殿(王の住まい)に来たことを、「また、(大妃一派の差し金で)自分を探りに来た」と思われたのでした。
ポギョンは、ただフォンの愛が欲しいだけの一人の女性なのですが。

ポギョンもまた哀れです。

[スポンサーリンク]

大王大妃の思惑

引用:「フォンが中宮殿に入るのを見た大妃ハン氏は、うれしさあまって大王大妃のところに報告に行く。
星宿庁の国巫を信頼している大王大妃は、万事がうまくいっていると浮かれ、王と王妃の夜とぎの日をもっと早い時期でもらいなおすようにと大妃に告げる。」(KNTV 『太陽を抱く月』各話あらすじ

フォンが中宮殿のポギョンを訪ねたという知らせが吉報だと思った『大王大妃』ユン氏。
フォンとポギョンの夜伽の日を早くアレンジしようと大妃に指示します。
しかし、これは大きな勘違いでした。

フォンはヨヌ以外の女性をもはや受け入れることなどできなくなっていました。
ましてや、ポギョンは大王大妃の息のかかった女性なのですから。

フォンが中宮殿を訪れたわけは、これ以上自分の周りを嗅ぎまわるなと言うフォンのポギョンに対する警告でした。

ちなみに大妃は先王の妃ですが、「大王大妃」は先々王の妃という事になります。
この時、ハン氏(フォンの母、成祖の妃)が現王の母という事で大妃になっていましたので、成祖の母ユン氏は大王大妃となっていました。
*朝鮮王朝時代の「中殿」と「王后」の違い

チャンシルとの再会

引用:「ヤンミョン君は、突然誰かに抱きつかれて当惑するが、その女性が何年も前に助けたチャンシルで、今は星宿庁の巫女だと知ると、ウォルの居場所を突き止めようとする。」(KNTV 『太陽を抱く月』各話あらすじ

昔、悪い男に占い師として利用されていた幼女をヤンミョン君は助けたことがありました。
その少女がチャンシルで今は成長して娘になっていました。
そして、星宿庁で働いていることを知りウォルの手がかりを知ろうとチャンシルを問い詰めるのでした。

ウォルが身代わり巫女になっていることを突き止めると、フォンに呼ばれて宮殿へ向かうウォルの腕を掴みます。

ここにもヨヌを忘れられない一途な青年の姿がありました。

第10話の感想

ウォルがヨヌではないかと疑い始めたフォンとヤンミョン君は、真実を突き止めようと動き出します。
ヨヌの事が忘れられない二人の若者たちの姿がとてもいじらしく哀れです。

一方、過去を断片的に思い出し始めたウォルですが、記憶を取り戻す時期が近づいているようです。

[スポンサーリンク]



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button