第14話のあらすじ概要

第14話

まんまとポギョンユン・デヒョンの陰謀に嵌められたウォルは大逆の罪の疑いで過酷な尋問を受けることに。

フォンは何としてもウォルを助けるためにある行動に出ます。
この頃には、すでにフォンにとってウォルは身代わり巫女以上の存在になっていたのがわかるエピソードです。


[スポンサードリンク]

ニュース!


目次

ウォルの危機

引用:「ウォルは「淫」の字が刻印された服を着たまま、罪人として監視されながら生きていくことを命じられる。 朝廷で主導権を奪われたフォンは便殿で臣下たちに侮辱される。」-KNTV 『太陽を抱く月』各話あらすじ

 フォンはついにプライドを捨て敢えて祖母・大王大妃の居所を訪れウォルの命を救うよう協力を請います。
また、ヤンミョン君フォンが倒れた時、自分はウォルと一緒にいたと証言をします。

何とか死罪を免れたウォルでしたが、王族を惑わせた罪で『淫』の文字が縫い取られた服を着せられ活人署へ送られることに。

一方、大王大妃に借りをつくったフォンは、重臣ユン・デヒョンに主導権を握られ家臣達からもやりこめられて苦しい立場に追い込まれるのでした。

フォンは悔しかったと思います。心中ただならぬ状態であったに違いありません。
しかし、突然のウォルの逮捕劇に為すすべなく、大王大妃一派の陰謀を暴き弱みを掴むまでは、ひたすら辛抱しようと決心したのでしょう。

それ程ウォルは大切な存在になっていたのです。

フォンの悲しみ

引用:「夜遅く義禁府の牢獄にいるウォルを訪ねてきたフォンは、重苦しい気持ちを抑えながら、ウォルを通してヨヌを見ていたことを告げ自分から遠ざかるよう命じる。」-KNTV 『太陽を抱く月』各話あらすじ

太陽を抱く月 DVD-BOX 1 [ ハン・ガイン ]

価格:20,520円
(2014/11/10 13:59時点)

ついにフォンの本音が語られます。
ウォルを通して亡きヨヌの面影を追い求めていたことを。

そして、もう自分の元を去っても良いとウォルに告げるのでした。

しかし、ウォルをこのまま側に置いておくことは彼女を危険に晒し、大王大妃やユン・デヒョン一派の餌食にしてしまうと辛い決心をしたに違いありません。

フォンは、側近のウンの肩にすがりウォルを守れなかったと涙するのでした。
フォンの心中を察すると涙なしにはいられません。
同時に大王大妃とユン・デヒョン、ポギョンの卑劣さ狡猾さには腹立たしいばかりです。

[スポンサードリンク]

隠月閣にこもる怨念

引用:「ボギョンと大王大妃は夜毎、隠月閣から聞こえてくる女の泣き声に悩まされる。」-KNTV 『太陽を抱く月』各話あらすじ

ポギョン大王大妃は、夜ごとに隠月閣から聞こえてくる女のすすり泣きに神経を尖らせていました。
過去の悪行の祟りかもしれぬと内心不安だったに違いありません。

実際は気のせいで幻覚・幻聴のたぐいと思いますが、何か人智を超えた力すえ感じる場面です。

大王大妃はナ・デギルに解決策を求め、デギルは巫女を生贄にして女の霊を慰める事を提案するのでした。

陰謀ふたたび

引用:「西活人署に連れて行かれたウォルは正体不明の男たちに拉致される。」-KNTV 『太陽を抱く月』各話あらすじ

隠月閣の女のすすり泣きに恐怖を覚えた大王大妃一派はまたしても悪だくみを思いつきます。

ナ・デギルから、隠月閣にこもる女の霊を慰めるため、生贄の巫女を捧げるよう進言を受け、なんと活人署に連行される途中のウォルを手下に拉致させてしまうのです。

フォンが心にかける巫女のウォルをこの際亡き者にしてしまおうと考えたのでした。

そして、この悪だくみがかえって自ら墓穴を掘る結果になろうとは考えてもいなかったでしょう。

気になる報告

フォンは、ホン・ギュテから気になる報告を受けます。

王命を受け8年前の事件の操作をするホン・ギュテは、『ヨヌの死因は不明だが、亡骸の状態は不思議であった』との情報を持ち込んできました。

フォンは、その報告を聞き、ある可能性に行き当たっていました。

第14話の感想

ウォルを死罪から救う為、フォンはプライドを投げ捨てて大王大妃の協力を懇願。
一方、ヤンミョン君も自分に降りかかるかも知れない危険を承知で、夜とぎの時にはウォルと会っていたと証言。

二人ともウォルが大切な存在になっていたのでした。

隠月閣から毎夜聞こえる女のすすり泣きは、ユン一派の破滅を告げる前触れの様です。
ウォルを生贄の巫女に選んだことが災いとして降りかかってくるのですから・・・

スポンサーリンク



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button