第18話のあらすじ概要

第18話

フォンヨヌを王宮殿の奥の部屋へ匿います。

ヨヌの命が危険に晒されているため、フォンは彼女をそばに隠しながら8年前の事件の全貌を調査し続けます。
しかし、ヨヌはフォンが真実を知れば、傷つくことになるのではないかと心配し、過去のことは、伏せたほうが良いとフォンに伝えるのでした。

この回では、恐るべき事実が明らかにされ、ヨヌやフォンの周囲の人たちの運命を巻き込んでいくことになります。


[スポンサードリンク]


目次

フォンの驚き

引用:「世子嬪の死を調べさせていたホン・ギュテによって、(中略)ミナ公主が関わっていたことを知らされたフォンは(中略)全貌を知ることとなり驚愕する。」-KNTV 『太陽を抱く月』各話あらすじ

そんな頃、王命で8年前の事件を調べていたホン・ギュテが驚くべき報告をすることに。

それは、前王が世子嬪の死の捜査を打ち切る直前の様子でした。
なんと、『ヨヌの死に妹のミナ王女が関わっていた』という報告だったのです。

大王大妃がミナ王女のヨムを慕う強い執念を呪術の威力を増す触媒に利用された可能性があると言うのでした。

ヨヌの事件にミナ王女が関わっていた事を知り、身内がしでかした不始末に驚愕するフォンでした。
しかし、ミナもその事でずっと悩み続けていました。

ミナ王女の懐妊
引用:「ミナは喜びいさんで兄のフォンに挨拶するため、康寧殿へと向かうが、怒り心頭に発するフォンに問い詰められたミナは、恐れを成して8年前の出来事を包み隠さず話す。」-KNTV 『太陽を抱く月』各話あらすじ

太陽を抱く月 DVD-BOX 1 [ ハン・ガイン ]

価格:20,520円
(2014/11/10 13:59時点)

妹のミナが引き起こした不祥事にフォンは激怒していました。

そんな時に、最悪のタイミングでミナ王女は有頂天でフォンに懐妊の報告しにやって来たのでした。

鬼のような形相でミナ王女を問い詰めるフォンにミナは震え上がります。
そして、兄の剣幕におののいたミナは、8年前の事をすべて白状してしまうのでした。

大人になったミナは、少女の頃の無邪気な我儘が引き起こした恐ろしい出来事を決して忘れてはいなかったのです。

しかし、自分は当時、『儀式がヨヌを呪い殺す為とは知らなかったこと』、自分はどんな罰も受けるが、『お腹の子と夫のヨムは助けて欲しいこと』を必死に懇願するのでした。

知らなかったとは言え、人の呪殺に関わった事を心から詫び、涙を流すミナ王女が哀れです。

[スポンサードリンク]

フォンの逆襲

悪事の証拠を握ったフォンは外戚一派に対して巻き返しを始めます。

ユン・デヒョン一派の専横を排除し、正しい政治に戻す為、フォンはミナ王女も例外とせず、事件に関わった全ての者を裁き、罰を与える事を決心します。

最初に処断されたのは大王大妃ユン氏でした。
悪事を暴かれ法の裁きを受けるか、引退するかの選択を迫り、宮廷の政治から全て手を引き、離宮で隠居生活を送るよう言い渡します。

この後、危機感を募らせたユン・デヒョンは、ヤンミョン君の元を訪ね、最後の切り札とも言うべき行動に出るのです。

第18話の感想

遂に立ち上がったフォン。

父王が8年前の事件の真相を隠そうと、事件捜査を中止した理由を知り、自分は正しい道を貫こうとします。
その為には、身内の罪さえ許さないと言う決意を固め、外戚ユン一派の一掃に乗り出すのでした。

苦しい選択を迫られながら、ついに決心する若き王・フォンの姿が清々しく思えます。

一方、ユン・デヒョンからアプローチを受けたヤンミョン君はどんな選択をするのでしょうか?

トピックス

ユン・デヒョンを演じるキム・ウンス

風の絵師 DVD-BOX 1 / TVドラマ

価格:14,653円
(2014/11/10 15:39時点)

さて、悪役ユン・デヒョンを演じるのは、キム・ウンス
超ベテランの脇役俳優です。

テレビドラマより映画の方で活躍の場が多いのですが、『風の絵師』、『大王世宗』、『チュノ ~推奴~ 』等、歴史ドラマにも度々登場しています。

スポンサーリンク



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button