ホ・ヨム:ソン・ジェヒ

『太陽を抱く月』ヨヌの兄として登場するホ・ヨムを演じるのは、俳優のソン・ジェヒ

ホ・ヨムヨヌの兄で、弘文館の大提学(テジュハク)、ホ・ヨンジェの息子です。

朝鮮きっての秀才で、科挙の試験で最年少の状元(トップ合格者)となるほどの天才ぶり、ヨヌ自慢の兄でした。

ヨムは、成祖(ソンジョ)にその将来を嘱望され、息子のフォン皇太子の個人教授に任命されることなります。

ヨヌフォンの出会いのきっかけとなったのが、他ならぬヨムでした。


[スポンサーリンク]

ニュース!


目次

ヨヌとフォンを結び付けた縁結びの立役者

2015-11-04_001

科挙合格者を祝う放榜礼(パンバンネ、科挙合格者が王に拝し褒美を賜る儀式)」の儀式で宮殿を訪れたヨヌが、後に二人の思い出の場所となる隠月閣(ウノルカク)の塀を乗り越えてヤンミョン君に会いに行こうとしていたフォンを見とがめます。(photo by: ©imbc)

なんと、フォンを泥棒呼ばわりしてしまうのですが、フォンの個人教授となったヨムから、フォンが実は王子だったことを知り慌てふためくエピソードが紹介されています。

ヨムは実は、ヤンミョン君の親友と言う側面も持っています。
幼い時、自分が王様の庶子である事から辛く寂しい想いをしていた頃に、ヨムの父で弘文館の大提学(テジュハク)の家で知り合って以来、友情を育んでいたのです。

また、ヨムはミナ王女(フォンの妹)の夫となる人物。

ミナ王女は、フォンの個人教授になったヨムの凛々しい美しさに一目ぼれ。

何としても、ヨムの妻になりたいと願った結果なのですが、その裏には本人さえも知らない恐ろしい陰謀が隠されていたのです。

この事が、世子嬪ヨヌ事件の真相解決のカギとなるのでした。

ソン・ジェヒのプロフィール

ソンジェヒ

もと海兵隊員としてのユニークな経歴を持つ俳優ソン・ジェヒは、この『太陽を抱く月』で注目を浴びる俳優となりました。

ホ・ヨムのイメージ通り、端正なマスクを持つイケメン俳優ですが、海兵隊出身のタフガイでもあるようです。

主な出演ドラマとしては、『屋根部屋のプリンス』(2012)、『ホジュン~伝説の心医~』(2013)、『私だけのあなた』(2014)、『家族なのにどうして?』(2014)と人気番組の常連です。

photo by: wowkorea.jp

屋根部屋のプリンス、ホ・ジュンにもキャスティング

『屋根部屋のプリンス』では、ハン・ジミン演じるヒロインのパク・ハの見合い相手として登場。

その登場の仕方もユニークで、爆笑ものでした。

引用:「「僕は顔が白いのであだ名がホヨム(白いという意味)です」と話し、視聴者を爆笑させた。」 via 「太陽を抱く月」ソン・ジェヒ「屋根部屋のプリンス」に友情出演! - DRAMA - 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle

パク・ハの誕生日に手作りのケーキを作って会社を訪れ、イメージアップを図りますが、パク・ハを慕うイ・ガクの臣下3人組にドヤされて消えていくとう可哀想な役柄でした。

一方、『ホジュン~伝説の心医~』では、濡れ衣を着て毒殺される、正義感あふれる役人イ・ジョンミンを演じ、存在感を見せてくれました。

変わったところでは、ドラマ『馬医』に登場するイ・サンウ(イ・ソンハ役)にそっくりだという噂もチラホラ・・・

ソン・ジェヒのプロフィール、出演ドラマ

[スポンサーリンク]



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button