ヒョンソン:チョン・ウンピョ

『太陽を抱く月』で世子時代からフォンに仕える内官として登場するヒョンソンを演じるのは、俳優のチョン・ウンピョ

ヒョンソン内官で、真面目な性格ではありますが、お茶目な一面をみせてくれることもあります。

フォンにとってヒョンソンは何でも隠さずに話せる存在で、フォンが機嫌が悪い時にはヒョンソンだけには八つ当たりができる存在です。

いつでも全てを受け止めてくれて、恋の相談話も真剣に聞いてくれていつも笑顔で見守ってくれているヒョンソンは、フォンにとって大切な存在です。


[スポンサードリンク]


目次

フォンにとっては父親みたいな存在

2015-11-04_001

1番残っているヒョンソンの印象的なシーンは、なんといっても第18話に登場した"フォンヨヌの布団の間に目隠しをして座っているシーン"だと思います。

フォンのことを信じてはいるが、男の本能は信じられないというヒョンソン

ところが二人の熱い想いには勝つことができず、フォンを信じる事に・・・。

すると立ち上がった瞬間によろけてしまったヒョンソン

今までは何があってもフォンの傍にいたヒョンソンは父親みたいな優しく包みこんでくれる存在でもあります。

フォンとは年齢を超えた友情で穏やかな感動を与えましたが、それまでの内侍の演技とは違って、悲惨な事態に泣きべそをかいてワガママを言うヒョンソンの姿は視聴者の目に新鮮ながらも面白く映りました。(photo by: ©KNTV)

チョン・ウンピョのプロフィール

ソンジェヒ

強烈な印象を与える俳優チョン・ウンピョは、この『太陽を抱く月』で大殿尚善内官ヒョンソン役として異常な存在感を示し注目を浴びる俳優となりました。

主な出演ドラマとしては、『Dr.JIN』(2012)、『優しい男』(2012)、『お金の化身』(2013)、『亀厳ホ・ジュン』(2013)と人気番組の常連です。

photo by: innolife.net

キム・スヒョンに愛の感情を抱いていた!?

チョン・ウンピョが『太陽を抱く月』撮影当時にフォン役のキム・スヒョンに特別な感情を抱いたとKBS 2TV「ハッピートゥゲザー3」にて爆弾発言をしました。

チョン・ウンピョは宦官としてキム・スヒョンに仕える役だったが彼のことを完全に愛していたと・・・。

完全に役にハマっていたせいか、いつしか『太陽を抱く月』でのフォンヒョンソンのような錯覚が起こったのかもしれませんネ!

スポンサーリンク



おすすめの韓国ドラマ一覧表を見る
recommend-button