第1話第2話第3話第4話第5話第6話


※ BBCで放送されたオリジナル版は全6話構成です。(他の話数に再編集されたバージョンもあるようです。例えばNHKでは8話構成)

News! 後継番組に『ダウントン・アビーシーズン5』登場

ドラマ「戦争と平和」に登場するナポレオンの誤算

ナポレオンと言えば、「吾輩の辞書に不可能はない」という名言と共に語られる、フランスの英雄です。

しかし、常勝将軍と呼ばれたナポレオンの斜陽が始まるのがロシア遠征でした。(1812年5月~12月)

[スポンサーリンク]



ナポレオンの台頭

年若い頃は、貧しい生い立ちの中、長子として家族を養うために奮闘し、通常の役職の隙間に、アレクサンドロス王を始めとする、名将たちの戦術をひたむきに学ぶ努力家でありました。

彼の肖像画は、白馬にまたがり突撃する方向へ凛と指揮する姿が有名ですが、実は、彼はさほど長身ではなかったようです。

名門の出ではなかった彼は、「チビの伍長」と下っ端の兵士達に呼ばれていましたが、それは決して蔑みではなく、親しみからのニックネームでした。
小さくても、ひとたび戦場に出れば、生まれた時から昇進が約束されている名門貴族のお歴々が、天幕の中でカフェオレをすする中、軍旗を手にして兵士たちの先頭に躍り出て、自らが矢面に立って士気を鼓舞したのです。

無謀ともいえる勇猛果敢な姿は、常に危険の先頭に立たされる兵士たちの人望を瞬く間に集めました。

フランス皇帝に即位

ナポレオンの皇帝即位(1804年)は、フランス革命を起こした、最も多数であるにもかかわらず、最も力なき民衆の支持があってこそ成されたのです。

常勝将軍と呼ばれたナポレオンは、その後も期待を裏切ることはありませんでした。

緻密、そして大胆な戦法で、次々にフランスを勝利へと導きます。

ヨーロッパ征服からロシア遠征へ

皇帝即位直後に、ナポレオンの野望は爆発します。

アウステルリッツの戦い(1805年12月2日)では、宿敵のオーストリアに大勝利します。

この戦いでは、オーストリアはロシアとの連合軍であり、そしてアウステルリッツがオーストリア領であったことを考えると、よりフランス国民が勝利に歓喜し、彼に傾倒したことが想像できます。

ですが、彼と常に寄り添っていた勝利の女神も、ロシア本土の冬将軍には太刀打ちができませんでした

ナポレオンの戦役の中でも、ボロジノの戦い(1812年9月7日)は、最も残酷な戦への幕開けとなってしまいます。

常勝将軍を敗北させた冬将軍

常に冬将軍の苛烈さと戦っているロシアの民は、フランスの兵士たちが、ロシアの厳寒を身をもって知らないことに気づいていました。

[スポンサーリンク]

ひとたび逃げれば、到来する冬将軍によって彼らが自滅することが見えていたのです。

ロシア遠征は、言葉にするにも悲惨なものでした。

フランス軍にモスクワを占領されたが、冬将軍の援軍を得たロシア人たちは、ここぞとばかりにレジスタンス運動を繰り広げますが、その中にピエールの姿もありましたネ。

国の生命線である港でさえも凍てつかせる冬将軍は、フランス兵士たちの心身を、武器を、食料を、すべてを凍り付かせ、最終的に、ナポレオンは飢餓と凍傷に苦しむ多くの兵士たちを後に、逃亡することになるのです(1812年12月5日)

彼を支持してきた、最も力なき立場の兵士たちを切り捨ててしまったことは、後に、彼が皇帝の椅子を失う大きな要因になります。

逆に常勝将軍を破ったロシア軍は、大いに士気が上がった事は想像に難くありません。

ナポレオンが残した功績

ロシア遠征から逃げ帰った彼は、斜陽の一途を辿るばかりです。

貧しい青年が、古い歴史を持つ大国の皇帝へ。
そして、歴史の渦に消えていく。

周知のごとく、ナポレオンは1821年5月5日、イギリス領セントヘレナ島で51歳という若さで世を去ることになりました。

彼の最期は、栄華を誇った者特有の、もの悲しさが漂いますが、常に努力を惜しまず、悪筆で部下が文字を解読できないとあれば、数字には強いので、数字の暗号を考えて弱点を克服する。

また、従軍する兵士たちの食料を確かなものにするために、アイディアを公募して、世界初の缶詰を世に登場させる。

そして、エジプト・シリア戦役では、学術調査団をも同行させて、ロゼッタ・ストーンを発見する等、こうして、戦争の勝利とは別に、多くの歴史的な功績も残しています。

一方で、最初の妻ジョゼフィーヌを溺れるほどに愛し、また、英雄色を好むの言葉通り、たくさんの名だたる女性達と浮名を流しました。

英雄として語られる彼の、人間味溢れる一面も、とても興味深いものです。
そんな、あまりにも偉大な英雄ナポレオンを知るには、やはり、彼が命のふり絞って向き合った多くの戦いを知ることが近道でしょう。

そこには、見えない何かと常に戦い続けなければいけない現代人である私たちへ、生きるためのヒントがきっとあるように思われます。

もし、ナポレオンが「ロシアの冬将軍」の十分な知識を持っていたら、ヨーロッパの歴史は変わっていたかもしれません。


[スポンサーリンク]

ドラマ 戦争と平和のあらすじ一覧(BBC版6話)

第1話第2話第3話第4話第5話第6話


※ BBCで放送されたオリジナル版は全6話構成です。(他の話数に再編集されたバージョンもあるようです。例えばNHKでは8話構成)



サブコンテンツ

このページの先頭へ