「あらすじ」の記事一覧

ドラマ『戦争と平和』の再放送がNHK総合で12月25日から

bbc-war-n-peace02

ロシアの文豪トルストイ原作のドラマ『戦争と平和』の再放送が2016年12月25日・26日にNHK総合テレビで集中放送されることになりました。

ドラマ「戦争と平和」に登場するナポレオンの誤算

napoleon

ナポレオンと言えば、「吾輩の辞書に不可能はない」という名言と共に語られる、フランスの英雄です。
しかし、常勝将軍と呼ばれたナポレオンの斜陽が始まるのがロシア遠征でした。(1812年5月~12月)

ドラマ 戦争と平和(2016) 第6話のあらすじ

wap_arasuji

ドラマ「戦争と平和」の第6話(最終回)では、アンドレイの死、ピエールとナターシャの結婚、ロストフ家の新しい旅立ちというドラマチックなエピソードが展開されます。ナポレオン率いるフランス軍はついにモスクワへ侵入。多くの人々が避難を始めていましたが、その中にナターシャを含むストフ家の人たちの姿もありました。

ドラマ 戦争と平和(2016) 第5話のあらすじ

wap_arasuji

戦争と平和 第5話のあらすじ。アンドレイは、海外から帰国し、「ナターシャが、もう少しで駆け落ちしそうだった」という話を聞き、ナターシャの手紙や思い出の品々すべてを返し、婚約を破棄します。そして、失意のうちにモスクワを去っていくのでした。

ドラマ 戦争と平和(2016) 第4話のあらすじ

wap_arasuji

ドラマ 戦争と平和 第4話 アンドレイの気難しい父親は、ナターシャと結婚する事を認める条件として、一年間の海外旅行を命じますが、アンドレイもナターシャも父親の交換条件をしぶしぶ受け入れざるを得ませんでした。彼の父親はアンドレイの気持ちが真剣かどうか確認しようとしていたのですが、なんとも意地悪で冷酷な仕打ちです。

ドラマ 戦争と平和(2016) 第3話のあらすじ

wap_arasuji

ドラマ 戦争と平和 第3話 ピエールは、彼の未来を変えるかもしれないドロコフとの決闘の約束を守らなければならない事に暗鬱な気分でいました。それでもピエールは、決闘でドロコフを破り、その後ヘレンと別離をすることになります。

ドラマ 戦争と平和(2016) 第2話のあらすじ

wap_arasuji

「戦争と平和」第2話で、ピエールは、美しく魅惑的なヘレンと結婚しますが、それは彼女の父ワシリー・クラギンの陰謀によるものでした。彼はすぐに彼女が愛情のひとかけらもない打算的な妻であることに気づきました。ピエールのかつての友人ドロコフが戦争から帰国した時、ピエールはその男に決闘を申し込むことに。

ドラマ 戦争と平和(2016) 第1話のあらすじと感想

wap_arasuji

1805年、ロシア…皇帝アレクサンドル1世の治世下で、ドラマ『戦争と平和』は幕を上げます。ナポレオン・ボナパルト率いるフランス軍がオーストリアに侵入し、ロシアの首都サンクト・ペテルスブルグにもその脅威が迫っていました。そして、ドラマの主役である三人の男女が登場します。

ドラマ「戦争と平和」(2016)とは

wap_arasuji

ドラマ「戦争と平和」は、ロシアの文豪トルストイの同名小説をドラマ化した作品で、英国BBCが2016年に放送しました。(NHK-BSでも放送、2016年)帝政ロシアを時代背景に、ナポレオンのロシア遠征など歴史的事件を通して、ロシア貴族の栄光と斜陽を描き出したドラマ。また、主人公ピエール、アンドレイとナターシャをめぐる恋模様もドラマの見どころです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ