第1話第2話第3話第4話第5話第6話


※ BBCで放送されたオリジナル版は全6話構成です。(他の話数に再編集されたバージョンもあるようです。例えばNHKでは8話構成)

News! 後継番組に『ダウントン・アビーシーズン5』登場

ドラマ 戦争と平和(2016) 第6話のあらすじ

ドラマ「戦争と平和」の第6話(最終回)では、アンドレイの死、ピエールナターシャの結婚、ロストフ家の新しい旅立ちというドラマチックなエピソードが展開されます。

ナポレオン率いるフランス軍はついにモスクワへ侵入。街中がパニックに襲われ、多くの人々が避難を始めていましたが、その中にナターシャを含むロストフ家の人たちの姿もありました。

[スポンサーリンク]



ボロジノの戦いの中で

ピエールは、ボロジノの戦場で戦争の悲惨さを目の当たりにしていました。そして、戦争の恐ろしさの真の意味と死に直面した兵士たちの勇気を目撃します。

アンドレイは最前線で勇敢に戦いますが、致命的な負傷を負ってしまいます。

運び込まれた診療所で、アンドレイは彼が復讐を誓っていたアナトール・クラギンに再会しますが、アナトールアンドレイ同様に瀕死の重傷を負っていたのです。

アンドレイはそんなアナトールをついに許すことに。

アンドレイの死

フランス軍がモスクワに迫る中、街中がパニックに陥り、ロストフ家も他の避難民と共にモスクワから脱出しようとしていました。

ナターシャと彼女の家族は戦火を避けるため、さらに田舎へ逃げのびようとしています。

そんな中、偶然にナターシャ重傷を負ったアンドレイと劇的な再会と悲しい別れを経験することになるのです。

避難民の一行は負傷した兵士達を連れていましたが、ナターシャはついに負傷兵の中にアンドレイがいる事を見つけるのでした。

ナターシャは、彼女の裏切り行為(駆け落ち未遂事件)をアンドレイに許しを請いますが、彼はそれを許し、まだ彼女を愛していることを告白します。

ついに和解したのも束の間アンドレイは帰らぬ人となってしまうのでした。

そしてナターシャアンドレイの妹マリヤはその傍らで彼の死への旅立ちを見送るのでした。

捕虜となったピエールに訪れた人生観の変化

一方、モスクワでは至る所でフランス軍による焼き討ちや略奪が行われていましたが、ナポレオンを亡き者にしようと企むピエールはモスクワに留まり、フランス軍に対する無謀な行動を起こしていました。

ピエールは密かに武器を運んでいましたが、フランス軍にによって捕捉され、銃撃戦で命を落としそうになりますが、捕虜となり大勢の人々と共に投獄されてしまうのです。

[スポンサーリンク]

その時に出会ったプラトン・カラトフという根っから楽観的な一人の農民がピエールの人生に新しい展望を与えることになるのでした。

ピエールは、プラトンの話や行動から様々な事を学びます。こうして彼は、「感謝するという事」、「ささやかな幸福」、そして「与える愛と受け取る愛」について学びます。

ピエール救出

ナポレオンはモスクワはもちろんロシアのどこでもフランス軍への物資の供給がストップし、ついにロシアからの撤退を余儀なくされます。こうしてロシアは戦いに勝利するのでした。

ピエールは、長期間にわたる投獄と(ロシアに訪れた厳しく寒い冬に耐えきれず)モスクワからフランス軍が撤退した後、ドロコフとデニソフが率いるロシアのゲリラ兵によって救出されます。

しかしゲリラ兵の中にいたナターシャの弟ペトヤはフランス兵との小競り合いで命を落としてしまうのでした。

ロストフ家は戦火を逃れるためモスクワを離れていましたが、ロストフ伯爵の若い息子のペトヤが命を落としたという知らせが届きます。

ロストフ伯爵は、彼が全ての財産を失ったこと、モスクワが焼き討ちにあった事を理解し大きなショックを受け、失意のなか亡くなってしまうのでした。

新しい道

ソーニャは、婚約からニコライを解放し、彼は代わりにマリヤと婚約、そのあと彼女と結婚します。

一方、妊娠したピエールの妻エレーナは、彼から離婚の合意を取り付けられずにいましたが、薬の飲みすぎでついに命を落としてしまいます。

ピエールはついにナターシャにプロポーズし、二人は結婚します。そして彼らの家族にロストフ家の人々、ソーニャ、そしてアンドレイの息子も迎えられるのでした。

第6話の感想と見どころ

ドラマ「戦争と平和」第6話(最終回)では、劇的なエンディングが用意されていました。

長い確執を経てやっと再会し和解を果たしたアンドレイナターシャの決して結ばれることの無かった愛と悲しい別れは胸を打ちます。

しかし、人生は皮肉です。

アンドレイの死によってナターシャと結婚することになったピエールは長く心に秘めていた恋をついに成就させることになったのですから・・・

また、ピエールプラトン・カラテフから学んだ「感謝の心」、「ささやかな幸福」、「与える愛と受け取る愛」という人生観は、その後の彼とロストフ家の新しい船出につながるものだったのでしょう。

戦争と平和」は、戦争が人々やその家族にもたらした様々な悲劇、そして失意の底からたくましく立ち上がる人間の姿を描き出しており感動的なドラマでした。


[スポンサーリンク]

ドラマ 戦争と平和のあらすじ一覧(BBC版6話)

第1話第2話第3話第4話第5話第6話


※ BBCで放送されたオリジナル版は全6話構成です。(他の話数に再編集されたバージョンもあるようです。例えばNHKでは8話構成)



サブコンテンツ

このページの先頭へ